聴覚障害者及び関係者から相談を専任の相談員がお受けします。

相談員は、相談者の課題をありのまあに受けとめ、共に整理し、深め、その本質を明らかにし、課題の解決に相談者自らが主体的に取り組めるように支援します。